しみを取る治療の選び方

顔のしみを取る方法として、レーザー治療を選択する方も増えてきました。しかし、レーザー治療でしみを悪化させることもあるため、シミの種類の見極めとレーザーの種類を選ぶことが重要です。それぞれのしみ取りの方法を考えていきましょう。


日本人に最も多いとされている「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」(別名:日光性黒子(にっこうせいこくし))は、その名の通り、加齢や紫外線が原因であるシミです。日焼けしたあとに出たり、手の甲に現れるものも、この種類となります。レーザー治療やフラッシュランプによる治療、ハイドロキノンの塗布、ケミカルピーリングだどが有効な治療法とされています。また、出来たてのシミの方が早く取れるので、気付いたらすぐに治療を行うことも大切です。しかしながら、厚さのあるようなシミにはハイドロキノン、フラッシュランプなどの治療は適応ではありません。

鼻の周りや頬などに小さなシミがたくさんあるのが特徴である、そばかす(雀卵斑(じゃくらんはん))は、遺伝的要因が大きいのですが、紫外線により悪化しやすいので、日焼けには注意します。ソバカスの治療もレーザー治療やフラッシュランプ、ハイドロキノンなどが有効です。

飲み薬が発売されて、一躍有名となった肝斑(かんぱん)は、一般的に左右対称に現れることが多く、女性ホルモンの影響によって悪化しやすいため、妊娠やピルなどの服用によって現れることも多いようです。この肝斑である場合には、レーザー治療やフラッシュランプなどの治療によって悪化することがあるため、行いません。ケミカルピーリングやハイドロキノンなどの美白剤、内服薬などによって治療するのが一般的な方法です。


また、太田母斑や後天性両側性太田母斑様色素斑などのアザは、表皮より深い真皮にメラニンがあるため、Qスイッチレーザーが有効な治療法のようです。この場合、医療機関によっては健康保険が適応される事もあるようですので、皮膚科などでご相談をされると良いでしょう。


カテゴリ:しみ取り

しみ消しのピーリング

「ピーリング」には、シミ対策の美白の効果が期待できます。なぜなら、ピーリングによって、メラニン色素の排出を促す効果があるからです。

お肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」は、規則的に新しい細胞が生まれ、古い細胞を落としてくれるのですが、年齢とともにお肌の生まれ変わるスピードが落ちてしまうと、メラニン色素がいつまでも細胞内に停滞してしまうため、シミの出来やすい肌になってしまいます。これを予防するためにもピーリングは効果的であると言えます。

たとえ、しみ消しに効果的だと思っていても「ピーリングは危険」というイメージがあるのではないでしょうか。これは、何の知識も無い一部のエステサロンによって、衛生上のトラブルや間違ったピーリング剤や濃度の使用により、お肌にトラブルを与えられた人が増加したからだと考えられます。しかし、現在ではエステにおいてピーリングは禁止されており、危険なピーリングは無くなったと思われます。

しみ消しだけでなく、ニキビやシワ対策として日本皮膚科学会など治療として認められている「ピーリング」は、ガイドラインに沿った施術が行われており、安全性や効果の面で心配が無くなっています。

びきび痕や傷跡などによる炎症性色素沈着によるシミには、即効性が認められています。余分な角質が除去されたピーリングの後には、美白成分が効果的に浸透するので、併用することがおすすめです。

しみ取りクリームとは

出来たばかりのしみには、クリームタイプや美容液などに美白成分が多く配合されているので、おすすめです。早めのケアをすることによって、紫外線による悪化を防いだり、大きく目立つようになってくるのを予防する効果が期待できます。

美白成分として、厚生労働省が効果を認めているものは
・アルブチン
・エラグ酸
・ルシノール
・プラセンタET
・カモミラ
・トラネキサム酸
・リノール酸
・t-シクロアミノ酸誘導体
・ビタミンC誘導体
などがあります。

また、最近の規制緩和によって日本でも認可されるようになった「ハイドロキノン」が美白剤として有名ですね。

これらの成分が配合されている場合に『紫外線によるシミ・ソバカスを防ぐ』と表記しても良いことになっています。これらの成分の他にも、各メーカーが開発している成分と混合して「美白化粧品」として販売されています。

美白成分が効くかどうかは、その人のしみの種類や肌質などによっても結果が大きく異なってきます。場合によっては肌荒れの原因となる場合もあるので、自分の肌にあったコスメをチョイスしなくてはなりません。かくすことの出来ない顔のシミですから、自分にあったものを使いたいものです。

美容皮膚科などでしみ対策として使用される成分は「ビタミンC誘導体」「ハイドロキノン」「レチノイン酸」などが多いようです。

カテゴリ:美白化粧品

シミ消すための美白化粧品

しみの種類によって、美白化粧品の効果があるものと無いものがあります。美白用化粧品が効果的なシミは、「初期の老人性色素斑」「肝斑」「炎症性色素沈着」などに限られてしまいます。

ほとんどのシミが「老人性色素斑」ですが、美白用のコスメが効果的なのは、できはじめのシミです。シミは、目に見える状態になった時には、もはや周囲の表皮組織も変成してしまっています。メラニン色素が増加するのを防ぐ働きのある美白成分では、変成してしまった表皮細胞を元通りにすることは出来ません。「高級な美白コスメを使っているのに、シミが消えないなぁ」と思うのは、このためです。

美白化粧品の最も有効な使い方は、「シミを予防するために使う」ことが重要です。シミの部分だけでなく、顔全体に使用することによって、これからでてくるであろうしみを予防的に使用するのが正しい使い方だと言えるでしょう。

シミ用の美白化粧品には、どのような成分が含まれているのでしょうか。現在、市販されている多くのシミ用コスメには「チロシナーゼ酵素」の働きを阻害する成分が含まれています。「チロシナーゼ」とは、シミの元であるメラニン色素が作られる際に働く酵素で、この酵素の働きを止めることによってシミの原因を予防していきます。これは、新しくシミの元を作らないようにするということであり、今できてしまっているメラニン色素を破壊するものではありません。

「美白化粧品でシミを消す」というよりも「美白化粧品によって新しいシミを作らせない」という意識が必要です。

カテゴリ:美白化粧品

しみの種類

しみは、いくつかの種類に分けることが出来ます。


・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

しみのなかで最も多い物がこの「老人性色素斑」です。別名「日光性黒子(にっこうせいこくし)」とも呼ばれ、紫外線の影響により出来ます。できはじめは薄いのですが、だんだんと濃くなるシミで、目立つようになってきます。


・肝斑(かんぱん)

頬骨のあたりに左右対称に現れることの多いシミです。額に出来ることもあります。女性ホルモンと関係が深く、ホルモンバランスが崩れた時などに出来やすいとされています。妊娠・出産や更年期をきっかけにできたり、ピルを飲んでいる場合に出ることもあります。


・脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

イボのように盛り上がっているシミです。老人性色素斑から発症してきます。表面をみると、ボツボツとしており、顔だけでなく、手の甲や肩などにも出来ることがあります。


・雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的に「ソバカス」と呼ばれているものです。小さなシミが集まったものを「そばかす」とすることもありますが、正確には、遺伝的なものを指します。思春期ころからできはじめ、鼻の周辺に現れくるのが特徴です。


・花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

急に日焼けしたときなどに見られるシミです。肩や背中などに現れ、一つ一つが花びらのような形をしているのでこう呼ばれます。


・炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

傷跡や、ニキビ跡、虫さされの後などに茶色く残ってしまうものが、炎症性色素沈着です。脱毛後などに毛穴が黒ずんでくるのも同じです。放置しておいても自然に消えることもありますが、その間に紫外線を浴びると消えなくなってしまうこともあるので注意が必要です。


種類のよって、しみの取り方が異なるので、まずはシミの種類を見極めることが重要です。

カテゴリ:しみの種類

しみ取り治療

顔のしみを取る治療方法には、いくつかの手段があります。医療機関での治療になりますが、一般的には「皮膚科」「美容皮膚科」「美容整形」「形成外科」などがシミの治療を行ってくれます。医学の力でしみ消すには、レーザー治療が最も知られた手段でしょう。

黒い色素に反応するレーザーの特性を生かし、皮膚のシミのもとであるメラニン色素を破壊します。一度で取れるシミもありますが、大きさや深さによって、かかる時間や期間、料金も大きく異なってきます。

また、医療機関で処方される飲み薬や塗り薬でシミを消す方法もあります。皮膚科などによっては、「ケミカルピーリング」を推奨しているところもあります。「ケミカルピーリング」は化学反応を利用して、皮膚の表面の角質を取りのぞくことで、たまったくすみが消え、皮膚の再生が促進される効果が期待できます。しかし、間違った方法でピーリングを行うと、シミを取るどころか、肌を傷め、逆にシミの原因にもなりますので、正しく行うことが重要です。

皮膚科などで。しみの治療を行っている間は、紫外線には充分注意する必要があります。レーザー照射を受けた後の皮膚は、非常にデリケートになっていますので、日焼けしないように注意します。

カテゴリ:しみ取り

顔のしみを取る方法

できてしまった顔のしみを取る方法は、いくつかの手段があります。鏡を見るたびに、落ち込んでしまう「シミ」。きれいに取る方法はないのでしょうか?

皮膚科などでレーザー治療で除去する。しみ専用コスメで消す。除去手術などの外科的治療などによって取り除く。エステのフェイシャルコースを受ける。などいくつかのやり方があげられます。

レーザー治療は、皮膚科や美容皮膚科、美容整形などで受ける事が出来ます。レーザー光線は、色の付いた物だけに反応する特性を生かし、皮膚のなかでシミになった部分だけに反応し、しみを取り除いていきます。

しみ専用コスメも迷うくらいの種類が市販されています。一般的に、しみ用化粧品には、「ビタミンC」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンE」が配合されています。これらは、しみの原因であるメラニンの生成を抑制することによって色素沈着を防いだり、血流を促して細胞のターンオーバーを促進することによってしみができるのを防止する働きがあります。

エステサロンでのシミ対策コースなどでも、余分な角質や汚れを取り除き、お肌の細胞を活性化させ、新しいお肌が生まれやすくする環境を整えることによって、シミ対策をしていきます。マッサージも、血流を促す効果があるので、新陳代謝が活発になり、しみ対策には有効です。

カテゴリ:しみ取り

このページの先頭へ