瞼のたるみと目の下のクマ

瞼のたるみは、目の下のクマの原因となる事があります。下瞼のたるみとクマには、どのような関係があるのでしょうか。

目の周囲の皮膚は大変薄くてデリケートです。「たるみ」は、年齢を重ねる事によって筋肉が衰えてしまい、お肌のハリが失われて、皮下組織がゆるんでしまい、脂肪が押し出された状態になっています。眼球の周りの押し出された脂肪は、やがて下がってしまい、「たるみ」の状態になってしまいます。

このたるみによって生じた「影」が目の下のクマになってしまうのです。瞼たるみと目くま、両方を解消してしまいましょう。

睡眠不足や疲れの蓄積、血行不良などによっても下瞼のたるみが出来てしまいます。瞼がたるみ、頬もたるんでくると、間でクボミができて影となってしまうため、さらに目の下のクマが目立った状態になってしまいます。

血行不良は、余分な水分や脂肪が排出されにくい状態を作ってしまいます。すると、脂肪がたまり、たるみになってあらわれます。血行不良が目の下のクマの原因のひとつですが、クマが現れた状態は「瞼たるみが出来やすい状態」であるともいえます。

たるみを予防する方法として大切なのは、「紫外線対策」「バランスの良い食生活」「規則正しい日常生活」があげられます。

紫外線は、お肌を乾燥させてしまうため、たるみのできやすいお肌にしてしまいます。また、たるみ予防の食事といっても、決して特別な食べ物ではなく、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などをバランスよく摂取するようにします。そして、お肌に疲れをためないように、規則正しい生活を心がけます。

たるみ と クマ の関係がご理解いただけたでしょうか。

カテゴリ:瞼たるみ解消法

瞼たるみ対策マッサージ

瞼たるみ解消のマッサージ方法は、自宅で簡単にできるたるみ対策です。効果があるマッサージ方法は、どのように行えばよいのでしょうか。

瞼のたるみの原因は、目の周囲の筋肉が加齢のより弱くなり持ち上げられなくなり垂れ下がってしまったり、コラーゲンやヒアルロン酸の減少によるもの、また、上瞼の脂肪が多い場合などもたるみの原因となります。これらの根本の原因である、血流の停滞を促してあげるのが瞼のマッサージであるといえます。

マッサージのみで瞼のたるみが解消できるわけではありませんが、血流を促進することのより、たまった老廃物を流しだし、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すためのマッサージであると考えていきます。、

目の周囲のマッサージは、目尻から下瞼、目頭、上瞼の方向でやさしく2〜3回マッサージをします。このとき目尻のツボを気持ちが良いと感じる程度の強さで押さえると効果的です。

マッサージとともに、蒸しタオルによるホットパックも瞼たるみ解消の対策法としてよく知られています。電子レンジなどで温めた濡らしたタオルを目の周囲にあてて、次に冷やしたタオルをあてます。交互に2〜3回行うと、目の周囲がスッキリしてくるのが目に見えてわかることも多いのが、このホットパックです。

泣き明かした翌朝の瞼の腫れ取りとして、定番ですよね。たるみもすっきりと取ってくれます。

瞼たるみ対策のマッサージは優しい力加減で行うのが一番のポイントです。瞼の周囲の皮膚は非常に薄く、皮膚を傷つけやすく、眼球にも負担になるので、強い力でのマッサージは避けるようにしましょう。

カテゴリ:瞼たるみ解消法

瞼たるみ解消マッサージ

瞼たるみ解消のマッサージとして、人気なのが、リンパドレナージュです。リンパドレナージュとは、マッサージによって、老廃物の滞ったリンパの流れを改善して循環を促し、たるみやむくみを改善する美容マッサージのひとつです。

お化粧で隠すことの難しい瞼のたるみは、根本の原因のひとつである、リンパの流れの停滞をマッサージにより解消していきます。リンパドレナージュによってお肌を刺激することで、老廃物を体外に流す役割を持つ静脈へといらない物質を流してやり、たるみを改善します。リンパ液の役割である有害な毒素をろ過する機能が低下していると、むくみやたるみの原因となってしまいます。

リンパドレナージュのマッサージでは、疲れやストレスなどで滞ったリンパの流れを取り戻していきます。心地よいハンドマッサージにより、瞼たるみ解消はもちろんのこと、老廃物の除去により、お肌のくすみや乾燥肌などの解消にもなります。たるみが原因のシワも目立たなくなっていきます。

自宅でも、リンパの流れを意識したマッサージにより、『貯めない体』にすることが出来ます。ゆっくりとリラックスしたいのなら、エステなどでのマッサージもおすすめです。料金は1万円前後が相場のようですが、パックや光照射などもセットで行ってくれるエステもあるので、お得な料金設定のサロンを探してみるのもよいですね。

カテゴリ:瞼たるみ解消法

下瞼のたるみ

目の下のしわやたるみを気にする方は多いですね。実年齢より老けて見えてしまい、お化粧でも隠すことが難しい下瞼たるみ。解消方法には、どのような対策ができるのでしょうか。

下瞼たるみは、年齢を重ねることにより、皮膚のハリが失われていくことが原因で起こります。美容整形での治療法としては、プチ整形では、「ヒアルロン酸注入」や「コラーゲン注入」、または「レーザー治療」などが行われています。

「ヒアルロン酸注入」では、加齢とともに失われてしまったヒアルロン酸を注入することで、潤いのある弾力のあるお肌を取り戻すことが出来ます。ヒアルロン酸は、もともと体内に存在して、細胞に水分を補充する役割を担っています。みずみずしいお肌のもとなんですね。

また、皮膚にとって重要なたんぱく質である「コラーゲン」を注入することで、肌の弾力や潤いを復活させてくれます。効き目が短く、アレルギーがおこりやすいのが難点です。

「レーザー治療」では、皮膚の奥にレーザーを放射することにより、コラーゲンの再生を促します。たるみだけでなく、目の下のシワにも有効とされています。サーマクールなども同じような原理です。周波数の違いですね。

ボトックスが、シワ取りに人気がありますが、下瞼のたるみ取りにはあまり利用されていないようです。

美容整形によるプチ整形では、注射やレーザーなどを用いて、メスを使わない、切らない若返りが期待できます。下瞼たるみを取り若返り。

カテゴリ:瞼たるみ解消法

瞼たるみと顔しわ

瞼たるみは、瞼が重く感じられ、下瞼のたるみは、そのうちに顔しわの原因となります。瞼のたるみは、眉毛が下がり、視野も狭くなるので表情が乏しく見え、老けてみられてしまいます。瞼たるみは、顔しわの原因となるので早めに対処したいですね。

瞼たるみのうち、瞼の筋肉のたるみである、眼瞼下垂症(げんけんかすいしょう)の場合は、眼科や形成外科などで手術によって治療が出来ますし、保険が適用される疾患なので、上瞼がたるみ、目が開けにくいような場合は、医療機関で相談されるとよいでしょう。

瞼たるみによって出来た顔しわの解消には、どのような方法があるのでしょうか。ボトックス注射や、レーザー治療、ヒアルロン酸、プラセンタなどが、現在は人気があるようです。フェイスリフティングなどの美容整形も顔のしわの解消になります。下まぶたのたるみは、目くまの原因となります。

瞼のたるみなどの顔のたるみや顔しわに、微弱電流を利用したエステもあります。細胞を活性化させ、リンパの流れを良くしてくれるので、老廃物が排出され、肌が若返る効果があります。表情筋に効くマッサージなども瞼たるみや顔しわの予防、改善になります。瞼のむくみを取るマッサージで、「若返ったね」といわれるようになりたいものです。

カテゴリ:瞼たるみ解消法

瞼たるみ解消のトレーニング

瞼たるみの原因のひとつに、血行不良があげらげます。瞼たるみは、瞼の周りの血行が悪くなると、目の下にクマができますよね。瞼の周囲の血行をよくしてあげる瞼トレーニングを行うと、瞼のマッサージ効果で、血行がよくなり、目の下のくまにも、瞼たるみにも効果的です。朝、起きた時に瞼のむくみがありませんか。瞼の血行をよくすると、リンパの流れも良くなり、目が腫れぼったくなることもなくなります。瞼たるみを放置しておくと、目の周囲のシワの原因になりますから、早めのトレーニングがいいですね。

瞼たるみのトレーニングは、上瞼のたるみや、下瞼のたるみ、目袋の解消に効果があります。目の周囲は、乾燥しやすく、たるみや腫れ、シワになりやすい場所です。しっかりとした瞼ケアを行うことで、若々しい目元を維持するようにしていきたいものです。瞼のたるみのマッサージは、やさしく行いましょう。あまり、強い力でマッサージすると、まぶたを傷つけ、逆に瞼たるみの原因となってしまうこともありますので、注意が必要ですね。

瞼たるみ解消のトレーニングは、目の周りの筋肉を鍛えることにあります。鍛える・・・といわれても、目に腕立てをするわけにもいきませんが、目玉を意識して充分動かすだけでも、目に周りの筋肉のトレーニングになります。筋肉を動かすと、血液が活発に流れるので、目のクマやシワの予防や解消にもつながります。

カテゴリ:瞼たるみ解消法

瞼たるみの解消法

瞼たるみの解消には、どのような方法があるのでしょうか。まずは、自宅で簡単に出来るマッサージやトレーニングが大切です。瞼の周りの筋肉が衰え、瞼が下がってくると瞼のたるみにつながります。まずは、瞼たるみを防ぐトレーニングをしましょう。瞼たるみの解消方法は、簡単。まず、大きくしっかりと目を開いてみましょう。眉を意識して上へ上げるように5秒間瞼を引き上げます。しっかり上げると目の白目が見えてきます。次にまぶたを徐々に下げていきましょう。このとき、眉を上げたまま動かさず、上瞼だけを下げ、うす目にするようなかんじです。そのまま5秒間瞼を下げておきます。毎日、瞼のトレーニングをするだけでも、瞼の筋肉が鍛えられ、瞼たるみを予防することができます。

瞼たるみの原因として、加齢のほかに、コンタクトレンズの使用やアイラインやマスカラなどのお化粧のしすぎも原因になります。まぶたがたるんでくると、ひどい場合には、肩こりや頭痛、吐き気などが起きる場合もあります。目を開いているつもりでも瞼が下がってしまうような場合には、病院での手術が適応される場合もあるので、一度病院で受診するとよいでしょう。

瞼のたるみを美容整形で治す解消法もあります。瞼のハリがない場合には、コラーゲンを再生させる方法をとります。レーザーで治療したり、余分な脂肪を取り除くなどの方法があります。瞼のたるみにはヒアルロン酸やサーマクールなどがゆうこうであるといわれています。それぞれの美容整形で、方法や値段が違うので、インターネットなどでよく調べてみるといいと思います。瞼のたるみをとるための解消法の情報は数多くあります。

カテゴリ:瞼たるみ解消法

このページの先頭へ